スポンサーリンク
動詞

suggest の使い方

suggest は「提案する、示唆する」などの意味を持つ他動詞です。(代)名詞、動名詞、that節などを目的語にとります。to不定詞は目的語にとりません。
動詞

consult と consult with の使い方

consult は「(専門家など)に助言や意見を求める」という意味です。また、consult には「(資料、本など)を参考にする、調べる」という意味もあります。この consult は他動詞です。consult with は「(同じ様な立場の人)と相談する、協議する」という意味です。
動詞

prefer の使い方

"prefer A to B" は「B より A のほうを好む」という意味です。prefer は他動詞であり、(代)名詞、to 不定詞、動名詞、that 節を目的語にとることができます。
動詞

learn の使い方

learn は「学ぶ、習う、覚える」という意味で使われることが多い語です。"learn English / Judo / cooking, etc." また、learn には「(情報を)知る、聞く」という意味もあります。
フレーズ

it is ~ that で強調を表す

"it is ~ that 節" は強調を表す構文です。この構文では、~に入る語(句)を強調します。~に入るのは名詞、代名詞、副詞などの語(句)です。文頭の it は that 節を指す形式主語です。つまり、"that 節 is ~" という意味です。
動詞

prepare for の使い方を解説

"prepare ~" には「~を準備する、~に備える」という意味があります。通常、prepare と共に現れる前置詞は for です。"prepare ~ for ~" と "prepare for ~" の二つの型があります。
動詞

arrange の使い方

動詞 arrange には、(ものを)並べる、配置するという意味と、(イベントなどの)手配をする、準備をするなどの意味があります。他動詞として使われる場合は arrange の後に目的語が続きます。自動詞として使われる場合は前置詞 for が続くことが多いです。
動詞

request 人 to do の使い方

動詞 request には、(人に)要請する、求める、などの意味があります。フォーマルな表現として、実務文書でよく使われる語です。他動詞なので、目的語をとり、to 不定詞が続きます。目的語となる人は to 不定詞の意味上の主語になります。
動詞

aim to と aim at の使い方

動詞 aim には自動詞と他動詞の用法があります。自動詞の場合は「目指す、目標にする」と「(武器などで)狙う」という意味があります。'aim to 不定詞' や 'aim at (for) ~' の文型をとります。
副詞

inside と outside の使い方

inside は「中」、outside は「外」という意味が基本です。これら二つの語は名詞、前置詞、副詞、形容詞として使われます。それぞれの意味は「中・外」を基本にして品詞に応じて変化します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました