形容詞

スポンサーリンク
副詞

inside と outside の使い方

inside は「中」、outside は「外」という意味が基本です。これら二つの語は名詞、前置詞、副詞、形容詞として使われます。それぞれの意味は「中・外」を基本にして品詞に応じて変化します。
形容詞

be+形容詞+that で感情を表す

嬉しい、悲しい、驚く、確信する、などの感情や思いを表すときは、主語+be動詞+感情を表す形容詞+that節の文型を使います。感情を表す形容詞には、glad / happy / delighted / angry / sad / surprised / sure などがあります。
形容詞

easy/difficult to do について分かりやすく解説

形容詞 easy や difficult を使った表現に "easy / difficult to 不定詞" があります。「~ しやすい / しにくい」という意味です。よく使う表現なので、使い方を覚えておくと便利です。この文型で注意しなければならなのは、to 不定詞の動詞は他動詞なのに目的語がないことです。
形容詞

necessary の使い方

necessary の主な意味は「必要な」という意味の形容詞です。よく使われる語なので文型と一緒に使い方を覚えておくと便利です。
形容詞

either の使い方を徹底解説

英単語 either は二つのもの(人)のうちの一つ(人)という意味が基本です。しかし、二つのもの(人)両方を意味することもあれば、否定文では二つとも否定する意味となるなど、分かりにくい単語です。either の使い方の要点を分かりやすく解説します。また、否定の either は neither へ書き換えられます。
形容詞

some と any の違いについて分かりやすく解説

some と any、誰でも知っている単語ですが、正確に理解するのはなかなか難しい単語です。 some と any の基本的な使い方と意味の違いについて解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました