接続詞

スポンサーリンク
接続詞

in case の使い方を解説

'in case ~' には「~の場合に備えて、~するといけないので」、「もし~ならば」という二つの意味があり接続詞として使われます。これら二つの意味は in case が導く節と対応する節(主節)の内容の生起する順序に違いがあります。
接続詞

unless は「~でない限り」「~である場合を除けば」

unless は '主節 + unless ~' の文型で使われることが多い語です。unless の使い方と解釈の要点は、 '主節 + unless ~' の文型において、文の重点は unless 節ではなく主節の方にあるということです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました